IJC(Indiana Japan Chamber, Inc)通称“インディアナ日本人会”は、日系企業、団体、および日本人間の情報網及び情報源として奉仕することを目的に設立された非営利団体です。

もとはといえば、シカゴ領事館の要請に基づいて、州内在住日本人の連絡網を構築するのが、始まりでした。日米間の文化と教育の交流をめざして1988年に設立されたインディアナ日米協会(JASI)と協力しながら、円滑な日米交流のために活動しております。

当会の運営は、2ヶ月に1度開催される定例会(各地区から選任された11名の役員及び顧問2名、常任顧問1名で構成)を中心に行われ、更に年初に全会員企業代表者様ご参加のもとに開催される年次総会で重要事項を決定します。 年次総会は、州内の日系企業から日本人代表者が集まる最大級のプログラムであり、シカゴ総領事館からも総領事をはじめ領事各位にご参加を頂きます。総会終了後は、ゲスト・スピーカーによる、インディアナでの暮らしに役立つ情報の講演会、ランチ、商品抽選会やゲストによるエンターテイメントなども催され、会員の皆様の交流の場とさせていただいております。また通常の活動といたしましては、移動領事館の開設、領事館からの安全情報提供、企業間の連絡網構築、インディアナ日本語学校や、姉妹会であるインディアナ日米協会の活動支援などを企画、実施しております。

当協会のウェブサイトでは、IJCの活動ご報告などを中心に提供させていただきます。インディアナ州内の生活情報などは、インディアナ日米協会のウェブサイト(www.japanindiana.org) にてご提供させていただきますので、そちらもご覧ください。

日本人会の活動が、インディアナ州内の日系企業並びに在住日本人の皆様のお役に立てるよう、役員全員で努力してまいりますので、皆様のご支援の程よろしくお願い申し上げます。


Indiana Japan Chamber会長

森川幸治